美容外科の求人でカウンセラーの仕事を見つけ働いています

内向的な子供で心理学に興味を持ち心理学部に入学

内向的な子供で心理学に興味を持ち心理学部に入学臨床心理士になり美容外科のカウンセラーの求人に応募美容の果たすセラピーを実感し仕事にやりがいを感じる

私は小さいころから引っ込み思案な女の子でした。
一人娘で兄弟がないということもあり、両親には過保護に育てられており、自分と同じような年頃の子供とどのように接していいかわからなかったんです。
消極的で発言が出来ず、同い年の子供たちの輪の中にどうやって入ればいいのかわからなかったのです。
そして性格的におとなしいので、いじめの対象にもなりやすかったり、仲間外れなども子供時代は沢山経験しました。
こうした行動を親が心配して、ペットの犬を飼ってくれました。
犬のジョンと接しているときはありのままで、自分らしくはしゃいで遊ぶことが出来ました。
子供心に、犬に癒され心を開き成長することが出来たのだと思います。

常勤⭐️医師求人⭐️美容外科・美容皮膚科
【新宿駅/年収3000万円】

半日勤務相談可能/保険診療あり/オペメインのクリニック
保険診療も行うクリニックだから、美容未経験でもすんなり業務になじめます👍
スキルを身につけたい医師必見です👀https://t.co/FTyUZSqrgQ

— 美容医局【公式】 (@biyou_ikyoku) July 20, 2021
今思えばあればペットセラピーというものだったのかもしれません。
中学、高校と進学してもどこか人の輪に入るのが苦手で、自分を表現したり発言することが出来ませんでした。
そして相手が何を思っているのか、相手がどんな心理状態なのかに気がとられ、人の心理をさぐるように心理学の本を読み漁るようになったんです。
そして大学は心理学部のある大学を目指すようになりました。
人の心が垣間見え予測できれば、臆することなくコミュニケーションをはかったり、人の輪に入れるようになるのではないかと前向きな気持ちになったのです。